にんにく卵黄の歴史

にんにく卵黄の歴史

にんにく卵黄の歴史の前にまずにんにくの歴史を紹介したいと思います。

 

にんにくは今から何千年も前から薬として広く用いられてきました。紀元前3000年前の古代エジプト自体には多くのピラミッドが建設されてきましたが、労働者の疲れを緩和させるためににんにくが食べられたという記述もあります。

 

日本ににんにくが入ってきたのは紀元前といわれていますが、にんにく独特の匂いで人々に敬遠されてしまい、あまり広がらなかったといわれています。ところが江戸時代になって卵黄と練り合わせることによりにんにくのにおいを取り除きその成分を十分に生かしたにんにく卵黄が薩摩地方で作られました。

 

にんにく卵黄は日持ちもしますから家庭に常備され、重宝されるようになりました。

 

しかしにんにく卵黄を手作りするにはかなりの手間がかかります。そして女性の社会進出と共に時間を割いて作る人がどんどん減ってきました。しかし、その栄養価はとても評価されていたため、サプリメントとして開発・市販化され世間に広まりました。

 

現在ではテレビCMでもよく見かけると思います。

 

市場に出回るようになってからも、さらに飲みやすいように、そしてより栄養が吸収しやすいようにと日々改良が行われています。現在では胃腸が弱い人でも飲めるように工夫されたものや、美容にいいものも開発されています。

 

江戸時代から伝わるにんにく卵黄が未だに重宝され、サプリメントとして広まっていることからもその力がうかがい知れると思います。


にんにく卵黄の選び方
選ぶポイント

各社の効能や効果、こだわりで選ぶ

毎月のことだから値段や送料で選ぶ

衛生管理など安心安全の信頼性で選ぶ

CMをしてるなど有名な会社で選ぶ

実際に飲んでいる人の口コミで選ぶ

迷って選べない人や初めての人に →健康家族・伝統にんにく卵黄
胃が弱い人や胃に優しいものなら → やわた・熟成にんにく卵黄
にんにくパワーを最大限吸収したいなら → にんにく玉本舗・にんにく玉