脂質アリシン

脂質アリシンとは

アリシンというのは聞きなれない言葉だと思いますが、実はこの物質はにんにくのあのニオイの元となっているものなのです。
このアリシンは長ネギやニラ、玉ねぎにも含まれています。

 

これらの食品はどれも独特の刺激のある匂いがあり、辛味を持っていますが、この元になっているのもアリシンで、酸化化合物のひとつです。
自生しているにんにくには本来アリシンはなく代わりに“アイリン”という無臭の物質がありますが、にんにくを切ったりすったりすることで“アリシン”に変化します。
アリシンは熱に弱く、また水に溶けやすいため、新鮮な生のにんにくを食べると、アリシンをたくさん摂取できます。

 

アリシンには抗菌・殺菌効果や精力の増強、食欲増進、消化の促進、血液の改善、細胞の活性化、ホルモン生産能力の促進などの効果があります。

 

現在アメリカでは抗菌・殺菌の効果に重点的に着目し、感染病のためのアリシンの研究を進めているほどです。また血液を改善する効果があり、血をサラサラにしてくれるので、今問題となっている生活習慣病を予防する効果もあります。

 

このアリシンは卵黄と一緒に食べることで、卵黄に含まれている“中性脂肪”とくっついて“脂質アリシン”になります。
この脂質アリシンは腸内での悪玉コレステロールを分解する働きを持っていたり、コレステロールの酸化を防ぐことで、血液の流れを正常化します。
また血管拡張の効果もありますので、高血圧にも効果があります。アリシンだけでも効果は十分ですが、にんにく卵黄で摂取することで脂質アリシンを取り入れることができますから、効果も倍増するのですね。


にんにく卵黄の選び方
選ぶポイント

各社の効能や効果、こだわりで選ぶ

毎月のことだから値段や送料で選ぶ

衛生管理など安心安全の信頼性で選ぶ

CMをしてるなど有名な会社で選ぶ

実際に飲んでいる人の口コミで選ぶ

迷って選べない人や初めての人に →健康家族・伝統にんにく卵黄
胃が弱い人や胃に優しいものなら → やわた・熟成にんにく卵黄
にんにくパワーを最大限吸収したいなら → にんにく玉本舗・にんにく玉